バイアグラはED治療薬ですが、バイアグラの特許は2013年5月に切れたため日本国内でもバイアグラのジェネリックが販売開始となりました。病院でもバイアグラのジェネリックを購入することができますが、ネット通販でも簡単に購入することができます。

バイアグラのジェネリック購入伝授サイト

バイアグラと精力剤はどちらを飲むべき?

バイアグラは精力剤をパワーアップさせたものだと考える方が多いですが、役割はまったく異なります。
バイアグラはED治療薬という薬に分類されますが、精力剤は健康食品やサプリに分類されます。
薬と食品ですから、役割はまったくの別物です。

バイアグラを飲むべき人は、肝心なときにペニスが立たない人です。
勃起力が著しく弱くなってくると、挿入すること自体が難しくなります。
勃起力の低下は必ずしも加齢による現象ではなく、血行障害や冷え、ストレスなどが関係していることも多いです。
いずれの場合も共通するのは、血行が悪くてペニスを十分に硬くできないことです。
勃起をさせる物質の正体は骨ではなく血液なのです。
血流がスムーズであれば、下半身も元気なはずです。
下半身の反応が悪くなってきた場合、血行障害や肥満を患っていることが多いです。
健康診断で血液ドロドロを告げられた方は、EDになりやすいと考えていいでしょう。
バイアグラを服用すると、早ければ30分程度でペニスが硬くなり、容易に挿入できるようになります。
勃起力が高まると挿入が楽なだけでなく、快感が増したり、射精調整が可能になったり、様々なメリットが期待できます。

精力剤は精力減退が気になる方が飲むべきものです。
なんとなく元気が出ない、最近すぐに疲れる、SEXをする意欲が湧かない、といった方におすすめです。
精力剤は薬ではないので、常用しても問題ありません。
滋養強壮によい健康食品なので、食生活のバランスが乱れている方も飲んでみましょう。
30代の前半あたりから、精力減退を感じる方が増えてきます。
中年以降の精力維持のためには、20代から精力剤を飲んでおくのもいいでしょう。
精力回復と比べて、精力を維持することは簡単なのです。